先週までの2週間、ベイエリアのさまざまな研究所・企業を訪問し、ACM CHI 2016に参加していました。一部の旅程で同行した小山君川松氏ともども、さまざまな方々にお世話になりましたが、個人的にはパーソナルコンピュータの父とも呼ばれるAlan Kayの研究所Viewpoints Research Institute (VPRI)で研究紹介・議論をするのが主目的でした。

ご招待くださった大島さんには大変感謝しています。Alan氏は不在でしたが、みんな忙しいなか、主要メンバーほぼ全員とみっちり議論する時間をいただくことができました。

Communication Design Group, Los Angelesオフィスのエントランス

Communication Design Group, Los Angelesオフィスのエントランス

Y Combinator Research HARC

VPRIはソフトウェア企業SAPが設立したCommunication Design Group (CDG) Labsとメンバーの重複があり、CDGはVPRIのあるロサンゼルスとは別にサンフランシスコにもオフィスを持っていまし。「た」と過去形なのは、私が各オフィスを訪問する前後に組織再編があったためです。

VPRI/CDGのロサンゼルスオフィスを訪問した翌週にサンフランシスコオフィスを訪問したところ、グループ丸ごと所属が新しい研究所に移っていました。その行き先が先週公に明らかになり、研究界隈のみならず、スタートアップ界隈を巻き込んでニュースになっています。CDGは、Y Combinator ResearchのOpenAI, Basic Incomeに続く3本目の柱HARCとなったのでした。

Alan KayはACM CHI 2016最終日のPlenary talkにも出演し、60年代の自由闊達な研究開発環境について言及していました。Alan氏は、SAP CDGが設立された際の記事からも明らかなように、ARPAや、それに続くXerox PARC時代の研究環境を理想のモデルとしています。

VPRIのスポンサー歴を見ると、そのような環境を維持し、発展させるためにどれだけ尽力したかが見えてきます。前述したARPA→Xerox PARCのあとも、ATARI→Apple→Disney→hp→SAPというふうに、錚々たる企業がAlan氏の理想を支えてきたんですね。HARCは、Y Combinatorという強力な後ろ盾を得てそのような環境をまた作ろうという試みなわけです。

CenterからCommunityへ

HARCは、PARCが一文字変わっただけのように見えますが、実際にはPalo Alto Research CenterからHuman Advancement Research Communityへと、R以外のすべての略語の中身が変わっています。

立ち上げに際しPIらが書いた文章によれば、研究領域はプログラミング言語、インタフェース、教育、そしてバーチャルリアリティ(VR)のようです。Alan氏のビジョンが全くぶれていないので根っこはずっと同じですが、どれもホットトピックであり、大島さん (転職エントリ)やBret Victor (Inventing on Principle), Vi Hart (YouTube)など強力なPIのもとで面白いことをやってくれるはずです。

アウトサイダーとしては、CenterからCommunityへ、世界に開かれた研究組織としての役割を期待しています。アカデミアとも産業界とも異なる独特のバランス感覚で、諸分野の研究者、エンジニアと革新的な研究開発を行っていくに違いありません。

追伸; 僕も混ぜてくださいね! 😉

Communication Design Group, Los Angelesオフィス (HARC移籍に伴いobsoleteに…)

Communication Design Group, Los Angelesオフィス (HARC移籍に伴いobsoleteに…)


One Response to “Alan Kayの研究所が転籍する節目に立ち会う (SAP CDG→YCR HARC)”

Trackbacks and Pingbacks:

  1. 三年目を振り返る | junkato.jp

    […] ACM CHI 2016に参加してAsian CHI Symposiumを運営しました。前後にAlan Kayの研究所VPRI/SAP(と設立直後のY Combinator Research HARC)などを訪問して講演させてもらいました。CrossSongのジャーナル化に向けてユーザスタディしました(2017年に無事刊行されました)。帰国後すぐに結婚式2連発。さらにもう1回。みなさまおめでとうございました。WISS運営委員会もありました。あとはACM UIST査読、IEEE Computer特集号の原稿リバイス。かつてMicrosoft Researchの研究インターンで開発していたTouchDevelopワークショップに協力しました。 […]

Leave a Reply

  • (will not be published)