1年以上前にOpenCVの非公式なJavaラッパーJavaCVを使う方法について記事を書いたのですが、その後、OpenCVの公式なJavaラッパーが公開されたり、JavaCVのバージョンが上がったりして、色々と状況が変わっています。

OpenCVの公式なJavaラッパーは最新のAPIが使えるという利点がありますが、OpenCVのバイナリを別途インストールする必要があります。

非公式なJavaラッパーJavaCVは、APIは少し古いものしか使えませんが、FFmpegなど関連する便利なライブラリのAPIもラップしてくれているほか、最近のアップデートで主要なOS向けのバイナリを含むjarファイルを一緒に配布してくれるようになり、OpenCVを別途インストールする必要がなくなりました。

OpenCVを利用したJavaアプリケーションを一般ユーザに配布したい場合は、JavaCVのほうが便利そうです。というわけで、最新のJavaCVを使う方法について簡単にメモしておきます。

  1. プロジェクトのダウンロードページから次の二つをダウンロードして適当なディレクトリに解凍する
    • javacv-*-bin.zip
    • javacv-*-cppjars.zip
  2. ソースコードをコンパイル、実行するときのJavaのクラスパスに以下のファイルを追加する
    • javacv.jar
    • javacpp.jar
    • javacv-{platform}.jar
    • opencv-*-{platform}.jar

これだけです。前の記事に比べて、OpenCVのインストール作業がなくなったので本当にシンプルになりました。

{platform}は、バージョン0.7現在でOpenCVとFFmpegどちらにも次の5通りが用意されていて、たいていの環境に対応できるはずです。

  • 32bit版Windows (windows-x86)
  • 64bit版Windows (windows-x86_64)
  • 64bit版Mac OS X (macosx-x86_64)
  • 32bit版Linux (linux-x86)
  • 64bit版Linux (linux-x86_64)

One Response to “OpenCVをJavaから使う (改訂版)”

Trackbacks and Pingbacks:

  1. OpenCVをJavaから使う | junkato.jp

    […] 2014/1/26追記; JavaCVのバージョンがあがって、使い方がもっとシンプルになりました。詳しくは新しい記事をご覧ください。 […]

Leave a Reply

  • (will not be published)