一年半を振り返る

博士課程を修了し、就職してから早一年半が経ちました。前回、半年を振り返ってからの一年を振り返ってみようと思います。最近は研究者として何ができるか、何をしたいか考えて行動できるようになってきた気がします。

時系列は下に載せましたが、研究トピックとしては主に次の4つに取り組みました。

  • Sharedo: 人とエージェントでタスクを共有するためのTo-doリストインタフェース
  • TextAlive: 歌詞アニメーションのためのIntegrated Design Environment
  • CrossSong Puzzle: 楽曲をマッシュアップしてインタラクティブに遊べるパズルを自動生成
  • f3.js (UIST 2015デモ予定)

このうち、Sharedoは入所直後にがんばったものなので、一年間での進展はほぼありません。CrossSongは共著論文で、パズル自動生成の部分には全く関与しておらず(Jordan, Graham, 深山さん、後藤さんの貢献部分です)、HCI研究者らしくパズルのインタラクション設計やデモ動画制作などを担当しました。f3.jsはとても面白いトピックだと思っているのですが、準備に時間がかかったのと(理由は11月のUISTデモ発表の頃にはお分かりいただけると思います)、とにかくTextAliveに時間を割いたので、まだちゃんとしたかたちにはなっていません。

7月、イギリス各所を訪問

博士課程の頃は必死に目の前のテーマを消化して新しいアイデアを生み出していく日々でしたが、就職を機に、少し落ち着いて研究開発に取り組めるようになりました。TextAliveは、昨年6月に研究を始めてから数回実装を書き直しています。一番大きな変更が今年1月のJavaベースのアプリケーションからJavaScriptベースのWebアプリケーションへの転換で、これは一般公開を見据えた選択でした。

このように、論文を書くだけでなく、研究内容をみんなに使ってもらえるようにする時間が取れるのは研究所ならではの特長で、僕には合っていたなぁと思います。学生の頃にインターンしたMicrosoft ResearchのTouchDevelopチームでは、研究者が核となるコードを書き、Research Software Development Engineerがその周辺を固め、完成度を高めるということをしていて感銘を受けました。TextAliveは現状、textalive.jp上にあるものはすべて僕が書いていますが、Songleに相当依存したシステムになっていて、そちらは中野さんやエンジニアの方々が実装して整備してくれたものです。プレスリリースでは後藤さん、中野さんをはじめ、所内のさまざまな方々にご協力いただきました。MSRとは若干違うかたちですが、異分野との協力関係が築けて、サービス化を助けてもらえるという稀有な環境にとても感謝しています。

今年度の残りはf3.jsを世に出していくとともに、TextAliveに関しても研究開発を続けて、就職時に立てていた秘密の計画(!)を着実に進めていければと思っています。今のところ順調、かな。引き続きがんばるぞい!!


10月

11月

  • 金沢・京都旅行
  • CHI 2015査読〆切
  • TextAlive: CHI 2015リバッタル、Javaアプレット化、WISS 2014登壇発表 @ 浜松 (WISS 2014 Best Paper Award)

12月

1月

  • TextAlive: JavaScript化を開始
  • CrossSong: Webインタフェース開発

2月

3月

  • インタラクション2015参加 @ お台場
  • TextAlive: JavaScript版の仮組み完了、ICLC 2015投稿
  • f3.js: 実装

4月

  • TextAlive: CHI 2015登壇発表 @ 韓国 ソウル、JavaScript版の試験公開開始 (CHI 2015 Best Paper Honorable Mention Award)
  • f3.js: UIST 2015投稿 (不採録)
  • UIST 2015査読
ACM CHI Symposium on Emerging Japanese HCI Research Collection参加者一同

ACM CHI Symposium on Emerging Japanese HCI Research Collection

5月

日々

長野県で免許合宿に参加

6月

7月

  • イギリス各所を訪問 (University of Bristol, University of Oxford, University of Cambridge, Microsoft Research Cambridgeなど)
  • TextAlive: 実装、ICLC 2015登壇発表 @ イギリス リーズ
  • CrossSong: SMC 2015用デモページ作成 (SMC 2015 Best Paper Award)

8月

  • TextAlive: 実装

9月

情報科学若手の会で楽しく招待講演

そういえば、学生の頃と違うもう一つの点は、ここに書けないこともいろいろある、というところですね。とりあえず最近は、学生実習生がいろいろ面白いものを作っているので、見ていてとても楽しいです。1年に2回実習生を受け入れる時期があるので、一緒に研究したい学生さんは適宜お知らせください。


One Response to “一年半を振り返る”

Trackbacks and Pingbacks:

  1. 二年目の後半を振り返る | junkato.jp

    […] 研究員として働き始めて二年が経ちました。実は半年前にも振り返っているので、そのあとの半年で何があったかまとめておきます。 […]

Leave a Reply

  • (will not be published)