三年目を振り返る


これまでも半年~一年ごとにやってきたことを振り返ってきました。博士課程修了後、恒例の振り返りも三年目です。という下書きを書いてからぼーっとしていたら半年経っていたのでした。時が経つのは早いです。

この一年半は、前に振り返ったとき書いたように、これまでの蓄積を生かした新規テーマに取り組みました。具体的には、TextAlivef3.jsに共通して実装できるインタラクションデザインLive TuningおよびUser-Generated Variablesを提案し、プログラマとユーザの共同作業をスムーズにする研究をしました。どちらもできたてほやほやの国際ワークショップに査読付き論文を採択してもらっています。今後も引き続き、この新しくて面白い研究分野に貢献していきたいです。あと、f3.jsはようやくHuman-Computer Interaction分野の難関国際会議(ACM DIS 2017, 採択率20%)に通りました。

アイドルのライブでTextAliveを使ってもらったり、東京大学の講義でf3.jsを使ってもらったり、ちょっとずつ着実にWebサービスを実用レベルに引き上げようと頑張っています。

2016年

4月
よく読みよく書いた月でした。15日にはIEEE Computer特集号の原稿(Programming with Examples)を投稿。22日にはECOOP 2016 LIVEワークショップの原稿(Live Tuning)を投稿しました。また、ECOOP 2016 LIVE/PXACM UISTの投稿〆切が過ぎて、査読をたくさん頑張りました。
5月
ACM CHI 2016(アメリカ/サンノゼ)に参加してAsian CHI Symposiumを運営しました。前後にAlan Kayの研究所VPRI/SAP(ロサンゼルス…と設立直後のY Combinator Research HARC/サンフランシスコ)などを訪問して講演させてもらいました。CrossSongのジャーナル化に向けてユーザスタディしました(2017年に無事刊行されました)。帰国後すぐに結婚式2連発。さらにもう1回。みなさまおめでとうございました。WISS運営委員会もありました。あとはACM UIST査読、IEEE Computer特集号の原稿リバイス。かつてMicrosoft Researchの研究インターンで開発していたTouchDevelopワークショップに協力しました。
6月
TextAliveとf3.jsをアップデートしていました。Live Tuning関連の機能を整理するためです。Web制作、サーバ管理、実装の月でした。あと、東京大学の講義でf3.jsを使ってもらいました。学生のみなさま、ありがとうございました。
7月
粘菌にはまりました。ECOOP 2016 LIVE(イタリア/ローマ)でLive Tuningの口頭発表をしました。ECOOP本体では同内容をポスター発表。PXにも参加しました。日本では共著のDJCoderの発表がありました。お疲れさまでした。
8月
ACM UIST Student Volunteerチェアの仕事でばたばたしていました。第2回SIGPX開催しました。OngaCRESTでTextAliveをデモ展示。実習生がきて賑やかになりました。エスプレッソマシン導入で職場QoLが向上!小学校同級生同士が結婚、知り合って何年だろう…?
9月
ACM CHI 2017に投稿。北海道は札幌の国際コンベンションNo MapsでTextAliveをデモ展示する準備で忙しくしていました。
10月
ACM UIST Student Volunteerとして運営参加しました。WISS運営委員会もありましたね。国際コンベンションNo MapsでTextAliveをデモ展示、併催アイドルイベントIDOL DIVERSITYの「ベルリン少女ハート」演出でTextAliveを使った動画が使われました。光栄です。ACM CHI 2017 Associate Chair (AC)デビュー。
11月
久しぶりに立花隆事務所へ。つくばHCI系研究者ディナーもありました。あとはACM CHIについて、ACの仕事と、自分の論文のリバッタル、招待講演の準備。(けっきょくCHIは落ちました。)
12月
東京大学生産技術研究所にお呼ばれして講演しました。ACM CHI 2017 PCミーティングでデンバーへ行き、ついでにベイエリアにも寄ってJupyter Notebookの開発を主導するBerkeley Institute of Data ScienceY Combinator Research HARCなどに挨拶しました。帰国後すぐWISSと初回ACM SIGCHI Asian Symposiumがありました。それにしても自分がAC(Associate Chair)とかPC(Program Committee member)をやる回の会議には通らないジンクスができつつあって悲しいですね。

2017年

1月
Human-Robot Interactionのトップ国際会議ACM/IEEE HRI 2017でデモ・ビデオチェアの仕事。f3.jsACM DIS 2017に投稿しました。
2月
また実習生がきてにぎやかになりました。国立遺伝研 細胞建築研究室 木村さん、総研大 塚原さんと会っていろいろ議論。名状しがたいお茶会を開催しました。ACM DISの査読も。TextAliveを少しアップデートして<Programming> 2017併催ワークショップのPX/17User-Generated Variablesを投稿しました。
3月
ACM/IEEE HRI 2017(オーストリア/ウィーン)でf3.jsの後続プロジェクト、Robocam (logs.f3js.org)をデモ発表しつつデモ・ビデオチェアのお仕事。大変でした。<Programming> 2017併催のPX査読もやりました。Service Design research workshopという国内だけど英語の研究会に呼んでいただいてパラメトリックデザインが可能にするデザイナ・ユーザの共創みたいな話をしました。
4月
<Programming> PX/17(ベルギー/ブリュッセル)でUser-Generated Variablesの登壇発表。PXはWriters’ Workshopという形式がとても面白いです。ACM DISの論文が採択されていたのでカメラレディ原稿を提出。他にも国立遺伝研にお邪魔したり、いろいろ仕込みました。
5月
ACM UIST プログラム委員の仕事をはじめとして、<Programming>や国際誌などの査読をいろいろ。WISSの運営委員会もありました。たくさん論文を読んだ月でした。
6月
ドイツはダグシュトゥールのDagstuhl Seminar “Computational Interactivity”にお呼ばれしてプログラミングとデータサイエンスの未来について講演しました。続いてイギリス、エジンバラへ飛んで、ACM DIS 2017f3.jsについて登壇発表。さらに一週間あけて今度はアメリカ/ピッツバーグでUIST PCミーティング、“Delivering Benefits of Programming to Everyone through Programming Experience Research”と題して招待講演、さらにシアトルでMicrosoft Research訪問とほとんど外国で過ごした月でした。
7月
Songle Syncのチュートリアルを作りました。第2.5回SIGPXを開催しました。
8月
Songle Syncがプレス発表されました。テレビでも放映されて、ひとまずよかったです。翌月マジカルミライでも活用される予定です。ACM CHI 2018に向けて、海外含め共著関連のミーティングが増えてきました。実習生がきて賑やかに。
9月
ACM CHIに論文投稿します。あとWISSのPC委員会もありますね。ソフトウェア科学会のFuture Technology Designというセッションで招待講演します。パネラーにもなるようです。

One Response to “三年目を振り返る”

Trackbacks and Pingbacks:

  1. 四年目を振り返る | junkato.jp

    […] 三年目を振り返る […]

Leave a Reply

  • (will not be published)