四年目を振り返る


ときどき研究生活を振り返ってます。もう博士課程修了から4年が経って、その頃の記憶もだいぶ遠のいてきた気がします。前回は半年前だったので、ここ半年の進捗を画像多めで振り返りつつ、2018年度の抱負を書き留めておこうと思います。

あと、ここには挙げていませんが、研究プロジェクトの紹介などを行っている自身のポートフォリオサイトを1月に改装しました。けっこう見やすくなったと思うので、そちらもぜひ。

LIVE 2017基調講演

LIVE 2017基調講演

詳しくは研究プロジェクトのWebサイトブログ記事に掲載していますが、Live Programmingに関する国際ワークショップLIVE 2017で「User Interfaces for Live Programming」と題して基調講演しました。

これまでの私の研究を踏まえつつ、既存のプログラミング環境が抱えている問題を指摘し、どうすれば「プログラミング」という営みをよりよい体験にしていけるか、「ユーザ参加」「実世界」「時間旅行」の3つの観点から論じました。

情報処理学会 学会誌 小特集刊行

情報処理学会 学会誌「プログラミング・エクスペリエンスの新潮流」特集

SIGPXで扱ってきたさまざまなトピックをカバーした小特集「プログラミング・エクスペリエンスの新潮流」の掲載された情報処理学会 学会誌が刊行されました。SIGPXは1月に第4回を開催しており、だいたい半年に一回のペースができてきました。

ちなみに、こうした研究をしているとプログラミング教育について意見を求められることが(とくに国内で)よくあるのですが、わりと歯切れの悪い回答になってしまいます。その要因として、教育がある種のすでに確立した知識体系を初学者に教え伝える活動であるのに対し、私の研究はそもそもプログラミングがどうあるべきか問い直すものである点が挙げられます。

どうあるべきか自分の中で答えが出ていないものについて、どうやって教えたらいいか、と聞かれてもなかなか難しいのです。ただ、長年やっているとだんだん見えてくるものもあるもので、そろそろプログラミング教育的な研究をしてみてもいいのかなと思うようになってきました。これは、2018年度の課題の一つです。

マジカルミライ 2017 DJステージ

プレスリリースしたSongle Syncを、実証実験の一環でDJステージ来場者に使っていただきました。DJのkeiseiさんが積極的に声かけしてくださったおかげで多くの方に参加していただけて、課題もいろいろ見えてきて、実証実験としては成功でした。

私は、ハガキのデザインを監修したり、写真を撮ったり、来場者の方にインタビューしたりと、裏方役に徹していました。

WISS 2017 投票システム刷新

国内ワークショップのWISSで、紙に印刷した投票トークンを使っていたシステムをWeb化しました。投票者数が増えてよかったです。

こういうシステム開発は研究に直接つながることは稀ですが、間接的に足腰の強化につながるところがあるので、しっかり時間を取りたいものです。

MUSIC HACK DAY Tokyo 2018

MUSIC HACK DAY Tokyo 2018

グローバルなハッカソンイベントMUSIC HACK DAY Tokyo 2018Songle API開発チームとして参加しました。開発に関わってきたAPIを多くの方に使っていただくことができて嬉しかったです。

2018年度は、TextAlivef3.jsも現代的な設計にしつつAPIを整備していきたいと考えています。

SNOW MIKU LIVE! 2018 映像制作

初音ミクのライブ2曲で、私の研究成果であるTextAliveで制作した歌詞アニメーションが使われました。

このために曲を聴き込んで演出を書き下ろし、映像制作に直接携わりました。かつては自主製作冊子のDTPデザインや友人の作るCDジャケットデザインなどいろいろ楽しんでいたものですが、その感覚を久しぶりに思い出すことができました。2018年度は研究開発に留まらず、しっかりコンテンツを作り込む時間を取ろうと思います。

ちなみに、Songle Syncの実証実験も同時に行っています。こちらはマジカルミライのときと同様、撮影係などの裏方仕事を少々、という感じでした。

ACM CHI 2018「Reactile」共著論文発表

Human-Computer Interaction分野のトップ国際会議ACM CHI 2018で、共著論文の発表がありました。鈴木くんお疲れさまでした。

現地には行かなかったのですが、友人から「見たよ!Cool!!」というような連絡を何本かもらえてよかったです。

論文投稿

4月に主著2本と共著1本を投稿しました。1か月に3本〆切を抱えるのは、なかなかキツいものがあります。

1か月に3本投稿というのは去年のCHIでもやったのですが、そのときは主著1本と共著2本(うち共著1本が上でも触れたReactile)でした。今回は投稿先学会が論文3本で全部異なっていたので、それぞれのカルチャーに合わせて頭を切り替えるコンテクストスイッチに苦労しました。

スプラトゥーン2

余暇時間のほとんどをつぎ込んで遊んでます。所内にもスプラ部が。


No Comments

Be the first to start a conversation

Leave a Reply

  • (will not be published)